【消防署への届出・手続き】代行いたします!               相談無料、お気軽にお問い合わせください。《行政書士西尾真一事務所》


消防署への届出書の作成・提出を代行します「行政書士西尾真一事務所」

「防火管理者の選任と消防計画の作成はあなたの義務です!」

 

★飲食店や物品販売店舗(特定用途)などでは、建物全体の収容人員が30人以上の場合、建物やテナントのオーナー等は防火管理者を選任して届出をしなければなりません。そして、防火管理者は消防計画を作成して消防署へ提出しなければなりません。

 

★共同住宅や事務所(非特定用途)などでは、建物全体の収容人員が50人以上の場合、建物のオーナー等は防火管理者を選任して届出をしなければなりません。そして、防火管理者は消防計画を作成して消防署へ提出しなければなりません。

 

▶防火管理者の選任が必要な対象物はこちら

▶建物用途別の収容人員の計算方法はこちら

▶消防計画作成・提出の義務について

 

 

【行政書士西尾真一事務所】

   OFFICE NISHIO

札幌市東区東苗穂9条2丁目2-10-2


【お電話でのお問い合わせ:011-792-1336】

【メールでのお問い合わせ:kawase240@yahoo.co.jp】

当事務所が留守番電話だった場合は、「お問い合わせ」フォームから内容を送信してください。年中無休24時間以内にご返答いたします。

防火管理者が未選任のままでいると、建物オーナーに罰金・拘留が科せられます。

 ※防火管理者の選任が必要な建物であるにもかかわらず、未選任のままでいると消防法第44条で罰せられます。30万円以下の罰金、拘留となっており、建物のオーナーとしては、所有者としての責任を取らなくてはなりません。

 


行政書士西尾真一事務所では、【書類の作成】だけでなく、消防署への【提出の代行】までの手続きを行います!

行政書士西尾真一事務所では、消防署への届出書の作成と提出を一括してお受けします。

 

1【防火管理者・統括防火管理者の選任、届け出】

(防火管理者の資格を取得しただけでは、まだ、手続きは終わっていません。消防署への選任届の提出が必要です。)

 

2【消防計画の作成、届け出】

(防火管理者の選任が必要な建物には、消防計画の届出が必要です。この計画書も併せて消防署へ提出しましょう。)

 

3【消防訓練の報告、企画立案、実施支援】

(防火管理者の必要な建物は、用途により違いますが、年2回程度の避難訓練を実施しなければなりません。訓練の実施には、消防署への報告が必要です。報告しなければ、消防署が訓練を実施しているということを把握できません。実績にならないのです。)

 

4【消防署の立ち入り検査の立会い、折衝】

(査察の立会い及び改善指導を受けた場合の書類の記載、提出など対応いたします。)

 

【建物の防火管理】についてのQ&A

建物の防火管理についての問題を解決いたします「行政書士西尾真一事務所」

建物には防火管理者を選任しなければならないの?

  ➡すべての建物に必要な訳ではありません。

    ▶選任が必要な建物はこちら

 

防火管理者の資格をもっている者がいないので、講習を受けにいかなければならないの?

  ➡講習を受講して資格を取得する方法と学識経験により講習を受けずに資格が付与される方法があります。

  ▶防火管理者について

 

★消防計画は、すべての建物に必要なの? 書き方が分からない?

 ➡すべての建物に消防計画が必要な訳ではありません。

  ▶消防計画の作成についてはこちら

  ▶消防計画提出の義務について

 

★消防署の立ち入り検査で指摘された事項に、対応する方法がわからない。

   ▶立ち入り検査で指摘された事項の具体例

 

★建物のオーナーが高齢のため、防火管理ができない。

   ▶管理会社様が防火管理者として選任される方法を提案いたします。

 

★日常の防火管理や消防訓練など、きちんとした体制をもちたい。

   ▶自衛消防訓練の指導・立案

 

行政書士西尾真一事務所では、お客様に必要な消防に関する手続きをするための注意点や要件、届出の方法などをわかりやすくご説明いたします。

 

ご相談の時点で、届出の要件に合わない場合、今後どのようにすれば、手続きが完了するか、アドバイスいたしますので、ご安心ください。

 

消防署への届出・手続きは、【元消防士の行政書士】へ!

みなさんこんにちは。行政書士西尾真一事務所代表 西尾眞一です。

はじめまして。「消防手続き申請サポート札幌」を運営しております「行政書士西尾真一事務所」代表 西尾眞一です。

 

「消防手続き申請サポート札幌」では、札幌を中心に石狩、江別、当別、北広島など広範囲の消防署への手続きのお手伝いをいたします。それ以外の区域でも出張費をいただきますが、対応いたします。お気軽にご相談ください。

 

「身近に相談できる人がいない!」「消防計画の作り方がわからない!」「忙しくて時間がない!」という方に、元消防士の行政書士として、消防計画書届出書及びその計画書の内容の作成など、消防署への提出まで、すべてをお手伝いをさせていただいております。

 

通常の電話受付は8:00~20:00ですが、メールによる受付は24時間受け付けております。留守番電話の場合は、メールでご連絡いただければ、24時間以内にご返答いたします。

 

事前にご連絡いただければ、土日、祝日、夜間でも石狩近郊は無料でお伺いいたします。

 

▶代表者プロフィールはこちら

 

【相談料は無料です】 お気軽にご相談ください!

★相談料は無料です。お気軽にご相談ください。

 

★札幌近郊でしたら、出張費無料でご相談をお受けします。

 

★書類作成・代行の報酬は明朗会計です。

行政書士西尾真一事務所では、相談料は無料です。まずは、ご連絡下さい。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

行政書士西尾真一事務所では、お客様に必要な消防に関する手続きをするために、注意点や要件、届出の方法などをわかりやすくご説明いたします。

 

ご相談の時点で、届出の要件に合わない場合、今後どのようにすれば、手続きが完了するか、アドバイスいたしますので、ご安心ください。

 

行政書士西尾真一事務所では、明朗会計、見積書を提示いたします。

ご期待にそえない場合、報酬はいただきませんので、ご安心ください。

 

行政書士西尾真一事務所では、明朗会計を徹底しております。

 

お見積書を提示いたしますので、その金額に納得のうえ、お申し込みいただなければ、報酬は発生しません。

【官公署へ提出する書類】は行政書士へ!

ご依頼される業者が行政書士資格を持っているかをご確認ください。

 

消防機関へ提出する書類は官公署へ提出する書類に該当します。

 

ですから、行政書士の資格をもたない者がこれらの依頼を受け、報酬を得ることは行政書士法に違反する行為に当たります。

 

ご依頼される場合は、有資格者であるかどうかをご確認のうえ、ご依頼ください。

 

【行政書士西尾真一事務所サービスのご案内】




【消防の法律・用語に関する基礎知識】

消防に関する法律・用語の説明