平成17年度 問題11

土地区画整理事業施行区域内の土地の登記手続に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものは幾つあるか。

 

 

ア 仮換地上に建築された建物について、換地処分の公告前に書面申請により建物の表題登記の申請をする場合には、当該建物の所在する土地の現在の地番を申請書に記載しなければならないが、仮換地の予定地番が定められているときは、その予定地番を括弧書きで併記することができる。

 

イ 換地処分の公告があった場合においては、換地計画において換地を定めなかった従前の宅地について存する権利は、その公告のあった日が終了した時において消滅するので、換地を定めなかった従前の宅地の登記記録は、閉鎖される。

 

ウ 土地区画整理事業を施行する者(以下本問において「施行者」という。)は、換地処分による登記を申請する場合において必要があるときは、表題登記がない従前の土地について、その所有者に代位して、表題登記の申請をすることができる。

 

エ 換地計画において、従前1個の土地に対し数個の換地が定められた場合は、土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人は、従前の土地につき分筆の登記の申請をしなければならない。

 

オ 施行者は、仮換地の指定をした場合には、換地処分前でも、保留地となる土地につき土地の表題登記の申請をすることができる。

 

 

1 1個   2 2個   3 3個   4 4個   5 5個

正解 3(ア、イ、ウ)

ア 〇

仮換地に対して、本来所有している土地を従前地という。仮換地が指定されると従前地を使用・収益することができなくなる一方、仮換地を使用・収益できるようになる。これにより、仮換地上に建物を建てることができるようになり、この場合、所在として建物が所在する土地の地番を表示する他、かっこ書きで換地の予定地番を所在として表示する取り扱いになっている。

 

イ 〇

換地処分の公告があった場合、換地計画において換地を定めなかった従前地について存する権利は、その公告があった日が終了したときにおいて消滅する。この場合、登記官は従前地の登記記録の表題部に土地区画整理法による換地処分により換地が定められなかった旨および当該土地の表題部の登記事項を抹消する記号を記録し、当該登記記録は閉鎖される。

 

ウ 〇

土地区画整理事業を施行する者は、土地区画整理事業の施行のために必要がある場合は、所有者に代位して登記を申請することができる。

 

エ ×

換地処分の公告があった場合、換地計画において換地を定められた換地は、その公告があった日の翌日から従前地とみなされる。この場合、登記官は従前地の登記記録の表題部に、換地の表示を記録し、従前地の変更部分を抹消する。1個の従前地に対して数個の換地が定められた場合は、新たな登記記録を作成する。

本肢のように分筆をするものではない。

 

オ ×

換地計画において、土地区画整理事業の施行の費用に充てる目的のため、一定の土地を換地として定めない保留地という土地がある。保留地は通常の換地と異なり、対応する従前地が存在しない。よって、換地処分の際に土地表題登記をおこない新たな登記記録を作成することになる。

本肢のように、換地処分前に保留地の土地表題登記を申請することはできない。