平成17年度 問題15

地積に関する更正の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。

 

 

ア 登記記録の地積に錯誤があるにもかかわらず、当該土地の所有権の登記名義人がその更正の登記をしないまま第三者に所有権を移転した場合には、新たな所有者は、その更正の登記の申請をしなければならない。

 

イ 抵当権の設定の登記がされた土地について地積に関する更正の登記の申請をする場合には、抵当権の登記名義人が承諾したことを証する情報を申請情報と併せて提供しなければならない。

 

ウ 共有名義の土地の地積に関する更正の登記の申請は、共有者として登記されている登記名義人のうちの1人が単独ですることができる。

 

エ 地積に関する更正の登記の申請をする場合において、地積が増加するときは、その増加部分について表題部所有者又は所有権の登記名義人が所有権を有することを証する情報を申請情報と併せて提供しなければならない。

 

オ 登記記録の地積に錯誤がある土地の一部を買い受けた者は、当該土地の所有権の登記名義人に代位して分筆の登記の申請をする前提として、当該所有権の登記名義人に代位して地積に関する更正の登記の申請をすることができる

 

 

1 アイ   2 アウ   3 イエ   4 ウオ   5 エオ

 

 

正解 4

ア ×

更正登記は錯誤によるものであり、錯誤がいつ生じたかを把握するのは困難であることから、申請義務が課されていない。

 

イ ×

本肢のように権利の客体となる土地の地積が変化する場合であっても、権利者からの承諾書は添付情報とはならない。

 

ウ 〇

土地が共有の場合は、保存行為のため共有者の1人から申請することができる。

 

エ ×

当初から所有権の範囲の変化はないため、所有権証明情報は添付情報とはならない。

 

オ 〇

登記記録の地積に錯誤がある土地の一部を買い受けた者は、当該土地の所有権の登記名義人に代位して分筆の登記を申請する前提として、当該所有権の登記名義人に代位して地積に関する更正の登記の申請をすることができる。