平成18年度 問題14

分筆の登記に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせは、後記1から5までのうちどれか。

 

 

ア 甲土地の所有権の登記名義人であるAが死亡し、B、C及びDがAを相続した場合において、甲土地を(イ)部分及び(ロ)部分に分筆し、(イ)部分をBが、(ロ)部分をCが相続する旨の遺産分割協議が成立したときは、B及びCは、(イ)部分及び(ロ)部分を表示した図面が添付された遺産分割協議書を添付情報として提供して、甲土地を(イ)部分と(ロ)部分に分筆する分筆の登記を申請することができる。

 

イ 地役権の登記がある承役地の分筆の登記を申請する場合において、地役権設定の範囲が分筆後の土地の一部であるときは、添付情報として、当該地役権設定の範囲を証する地役権者が作成した情報又は当該地役権者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を提供しなければならない。

 

ウ 甲土地を(イ)部分及び(ロ)部分に分筆する場合において、分筆前の甲土地の登記簿上の地積と、分筆後の(イ)部分及び(ロ)部分を測量して得られた地積の合計との差が、分筆前の地積を基準にして地積測量図の誤差の限度内であるときは地積に関する更正の登記をせずに分筆の登記を申請することができる。

 

エ 甲土地の所有権の登記名義人であるAが、Aの死亡による相続の開始から5年間遺産の分割を禁止する旨の遺言をして死亡した場合、Aの相続人は、その期間内は、甲土地のの分筆の登記を申請することができない。

 

オ 甲土地の所有権の登記名義人であるAから売買により甲土地の全部の所有権を取得したBは、所有権の移転の登記をする前であっても、Aに代位して、甲土地の分筆の登記を申請することができる。

 

 

1 アイ   2 アオ   3 イウ   4 ウエ   5 エオ

 

 

正解 5

ア 〇

原則、分筆の登記は相続人全員から申請しなければならないが、遺産分割協議により土地の一部を相続することとなった相続人は、遺産分割協議書を添付することで、分筆の登記を申請することができる。

 

イ 〇

地役権の登記がある承役地の分筆の登記を申請する場合において、地役権設定の範囲が分筆後の土地の一部であるときには、地役権図面を提供する。

地役権図面を提供する場合は、地役権者が作成した情報(地役権証明書)または当該地役権者に対抗することができる裁判があったことを証する情報も提供する必要がある。これは要役地の権利者が分筆後も承役地が存在し利用できることを証するものとなる。

 

ウ 〇

分筆前の登記記録上の地積と、分割後の測量をして得られた地積の合計との差が、分筆前の地積を基準にして地積測量図の誤差の限度を超える場合は、「土地地積更正・分合筆登記」をする必要がある。

本肢のように分筆前の地積と測量して得られた地積の差が誤差の限度内であるときは、地積の更正の登記を要しない。

 

エ ×

遺産分割を禁止する旨の遺言があった場合、または遺産分割による共有物不分割の特約がある旨が登記されている場合であっても、分筆登記の申請をすることができる。ただし、その後の所有権移転の登記はすることができない。

 

オ ×

債権者が自己の債権を保全する必要性がある場合、債権者に代位して、当該表示に関する登記を申請することができる。ただし、土地の全部を買い受けた場合は、分筆しないと保全されない債権がないため、代位した分筆登記を申請することはできない。