平成18年度 問題15

登記識別情報に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものは幾つあるか。

 

 

ア 登記識別情報を亡失した場合には、当該登記識別情報の再通知を申請することができる。

 

イ 所有権の登記名義人が2人以上である土地の合筆の登記の申請については、所有権の登記名義人のうちいずれか1人の登記識別情報を提供すれば足り、他の所有権の登記名義人の登記識別情報を提供することを要しない。

 

ウ 所有権の登記がある土地の合筆の登記の申請については、当該合筆に係る土地のうちいずれか一筆の土地の所有権の登記名義人の登記識別情報を提供すれば足り、他の土地の所有権の登記名義人の登記識別情報を提供することを要しない。

 

エ 所有権の登記がある土地の合筆の登記を申請する場合において、正当な理由により登記識別情報を提供することができないときは、登記官から登記名義人に対し、当該申請があった旨及び当該申請の内容が真実であると思料するときは一定期間内にその旨の申出をすべき旨が通知される。

 

オ 所有権の登記名義人が3人である一筆の土地を三筆に分筆する分筆の登記がされたときは、登記識別情報は、合計9通通知されることとなる。

 

 

1 1個   2 2個   3 3個   4 4個   5 5個

 

 

正解 2 (ウ、エ)

ア ×

登記識別情報の再通知は認められない。

 

イ ×

登記識別情報の提供は、係る不動産のうち1つの登記識別情報を提供するが、共有で申請する場合は所有権の登記名義人全員が係る不動産のうち1つの登記識別情報を提供しなければならない。

 

ウ 〇

所有権の登記がある土地の合筆、建物の合体、建物の合併をおこなう場合、係る不動産のうち1つの登記識別情報を提供しなければならない。

 

エ 〇

所有権の登記がある土地の合筆、建物の合体、建物の合併をおこなう場合、係る不動産のうち1つの登記識別情報を提供しなければならない。提供がない場合、登記官は申請人である登記名義人に対し、当該申請があった旨および当該申請の内容が真実であると思料するときは、法務省令で定める期間内に、その旨の申出をすべき旨を通知しなければならない。

 

オ ×

登記官は、申請人が自ら登記名義人となる場合の登記を完了したときは、速やかに、当該申請人に対して登記識別情報を通知しなければならない。不動産の表示に関する登記では、所有権の登記がある土地の合筆、建物の合体、建物の合併登記が完了したときに通知される。

土地分筆登記においては登記識別情報が通知されることはない。