【消防用設備等の種類】について

消防用設備の種類については、大きく分けると、「消防の用に供する設備」、「消防用水」、「消火活動上必要な施設」の3つに分けられます。

 

さらに、「消防の用に供する設備」は、さらに消火設備、警報設備、避難設備に分かれています。

 

なお、消防用設備等の「等」についててですが、単に消防用設備だけでなく、「消防用水」と「消火活動上必要な施設」も含まれているという意味での「等」です。

 

1 【消防の用に供する設備】

① 【消火設備】

・消火器

 ➡消火器の使用方法について

・簡易消火器具(水バケツ、水槽、乾燥砂、膨張ひる石又は膨張真珠岩)

・屋内消火栓設備

 ➡屋内消火栓の使い方について

・スプリンクラー設備

・水噴霧消火設備

・不活性ガス消火設備

・ハロゲン化物消火設備

・粉末消火設備

・屋外消火栓設備

・動力消防ポンプ設備

 

② 【警報設備】

・自動火災報知設備

 ➡自動火災報知設備について

・ガス漏れ火災警報設備

・漏電火災警報器

・消防機関へ通報する火災報知設備

・非常警報器具(警鐘、携帯用拡声器、手動式サイレン等)

・非常警報設備(非常ベル、自動式サイレン、放送設備)

 ➡非常放送設備について

 

③ 【避難設備】

・避難器具(すべり台、避難はしご、救助袋、緩降機、避難橋等)

 ➡避難器具について

・誘導灯及び誘導標識

 

2 【消防用水】

防火水槽又はこれに代わる貯水池その他の用水

3 【消火活動上必要な施設】

これらの設備は、災害時に消防隊が使用する施設です。

・排煙設備

・連結散水設備

・連結送水管

・非常コンセント設備

・無線通信補助設備